ルルちゃん1才(ハンデあります)

今年の3月
昨年末3匹の子猫が保護された場所に今度は大きいメス猫が足を引きずった小さな猫を連れてきました。
目ヤニが酷く目が開いていません。
保護主さんが保護して病院へ連れて行ってくれた所、既に目は手遅れ見えていなく、足は骨折していました。
保護主さんが風邪とお腹の虫を治療してくれて、こちらで保護する事になりました。
ルルちゃんは来た日からお膝でゴロゴロ、、、(*^^*)
翌日にはおもちゃで遊んでいました。
現在、足はすっかり治り元気に他の保護猫と遊び、小さな子猫の面倒をよく見てくれる優しいお姉さん猫になりました。ルルちゃんを見ていると室内生活では目語見えていなくても不自由は無いように見えます。
おもちゃで遊びキャットタワーでお昼寝、もちろんトイレ、ゴハンも教えるまでもなくこなしています。
今は、優しいお姉さんですが、子猫も少しずつ譲渡で減っていきます。
ルルちゃんには猫の出入りの激しいここではなく、もっと撫でて、抱っこしてもらえるお家で、幸せになって欲しいのです。
足は完治、目も治療の必要はないと言われています。
駆虫、検便済
ワクチン2回済
避妊手術済

ねこエイド(neko aid)

野良猫のTNRや子猫等の保護・譲渡の活動をしています。 毎週日曜日は島忠八潮店で保護猫譲渡会、かわいい猫たちがお待ちしてます。

0コメント

  • 1000 / 1000